枠の加工

枠はすべてあまり分厚くないアルミですので加工するのは、そう難しくはありません。

では、どのような場合に下降が必要になってくるかですが、玄関網戸の取り付けはいわばリフォーム工事のようなものですから現場現場によって加工の仕方が変わってきます。もちろん何も加工せず取り付けが出来る場合がほとんどですが、戸建住宅などでは加工をせずに取り付けが出来ないこともあります。

では、どのような場合に加工が出てくるのかといいますとマンション戸建住宅に限らず巾木が干渉することが多いです。
巾木を外して取り付けることは可能ですが最近では大理石などの石目調の玄関も多く巾木も石で出来ていることがあります。無理に外すと割れたりしますし万が一、玄関網戸を外すようなことがあると見た目も悪くなります。
ですから弊社では既存の巾木を外したりせず網戸枠が干渉するところだけ枠の外側を下の写真の用に加工します。

この枠の外側の切り込みは鉄ノコと鉄切りのハサミで仕上げてます。

その他の加工では縦枠、横枠を短くすることもあります。この場合は最大でも3~4ミリメートルくらいしかカットできません。それ以上カットすると本体障子が入らなかったり枠に擦れて傷がいったりします。切断には押切の丸ノコで切ると綺麗に切れます。刃はチップソウを使用すると綺麗に仕上がります。

参考資料に戻る

お問い合わせ・ご注文は

ライフサービス 0120-767-848 オペレーター TEL
045-714-9558
FAX
045-568-8518
〒232-0063
神奈川県横浜市南区中里4-32-13
お取付けをされたお客様のページヘ

玄関網戸の販売実績、業界NO.1

商標登録第5390519号

お見積・ご注文の方法

採寸方法に従って所定の箇所をお測りの上
お電話・メール・FAXでお問い合わせ下さい。

お見積・お問合せ・ご注文